楽屋オーナー増茂光夫

増茂光夫 1961年10月21日生まれ。栃木県栃木市出身。

漠然と音楽の世界で生きていきたいという夢を抱き、高校卒業後上京。大学時代に友人の影響で、ジャズの世界にどっぷりはまる。ギターを独習して、バンドをつくるも、卒業とともに解散。夢かなわず、デザイン系の印刷会社にて、コンピューターの仕事に就く。2年半ほど、プログラミングにはまるも、このまま一生続けるのかと考え、あっさり退社。
プータローをしながら、偶然見たフロム・エーの募集広告に釘付け。それがその後の一生を変えた、かの「ブルーノート東京」である。それも、ニューヨークブルーノートが、東京に進出するための、オープニングスタッフ募集であった。(1988年11月)
そこで、ほとんど素人同然だった音響知識にもかかわらず、PAエンジニアとしてのキャリアをスタート。1999年、サラボーンのPAを一週間続け、胃に穴が開く。翌年肺がんで亡くなったため、実質日本での最後の公演のPAをつとめる。多くの世界トップのジャズミュージシャンと関わり、彼らの生き様に大変感銘を受ける。
ブルーノート東京在籍中に、何度か訪れたニューヨークにずっぽりはまる。小さなカフェから、ジャズクラブ、バーなど、いたるところに生の演奏があふれ、みんな音楽とともに生活している感じで、このころからいつか自分でNYのカフェのようなライブハウスをやりたいと思うようになる。そして、1996年7月、念願のライブハウス「楽屋(らくや)」を中目黒でスタートする。
今年で15周年を迎えるが、PAの仕事も平行して行い、多くのコンサート、ライブハウス、イベント、パーティーなど、その実績と人柄の良さ(?)から、ミュージシャンから絶大の信頼をおく。また、近年、楽屋(らくや)レーベルを立ち上げ、レコーディング、ミックスのほうにも、手腕を広げている。そして、簡単なピアノの調律までこなし、ライブハウスでは、最も音がよく、手入れの行き届いたグランドピアノがあると、ピアニストからも評判を呼ぶ。
現在の夢は、スペインにて、楽屋(らくや)を開業すること。

楽屋について

楽屋(らくや)は、その名の通り楽屋(がくや)をもじって命名しました。
以前働いていた、ブルーノート東京や、各地のコンサート会場、ライブハウスなど、アーティストにとっては、出番前に精神を統一し、エンターテイナーとして気持ちを切り替える場所。
そして、終演後に再び自分自身に戻る場所でもあります。そんな場所に出入りし、そんな空気が好きで、楽屋(らくや)と言う店名にしましたが、楽屋(らくや)に来たお客様全員が、アーティストと同じ気持ちを共有できるよう、そして、誰もが忘れられないひとときを作り出せるようなお店でいられたらと思います。
そこに美味しい料理と、お酒、そして皆さんの笑顔があれば、私たちスタッフもこれ以上の幸せはありません。さあ、今夜はどんなライブが待っているか、どんな料理を食べようか、わくわくしながらいらしてください。

楽屋(らくや)店主 増茂光夫(まっしー)

楽屋の歴史

1996年7月
7年半に渡るブルーノート東京のサウンドエンジニアから独立。中目黒にて楽屋(らくや)オープン。(現在の場所から約30秒ほど駅寄り。現在クリーニング店の場所。)初日のオープニングアクトは、トム・レイス氏によるライブペインティング「VISIBLE SOUND」。「(アレックス・フォスター(SAX)、ビクター・ジョーンズ(Ds)」、2日目は、ジャズコーラスグループ「BREEZE」。 ※音の苦情で警察がくるも、ライブ強行。当初は、週末のみライブをやっていた。(4年目くらいから、毎日ライブを行うようになる。)

1997年1月
書き初め大会を行う。この企画が受けて、年に3回の習字大会を2000年1月の書き初め大会まで毎年行う。(1月-書き初め大会、4月-川柳大会、10月-四文字熟語大会)

1998年4月
ピアニスト、ジョー・サンプル来店。ほかに、ブルースブラザースのルー・マリーニ(Sax)、コーネル・デュプリ(G)、ジョン・マクラフリン(G)、コートニー・パイン(Sax)、アイアート・モレイラ&フローラ・プリム、ビニー・カリウタ(Ds)、ケニー・カークランド(P)、ランディ・ブレッカー(Tp)、ジェフ・ワッツ(Ds)など、多数のジャズアーティストが来店。

1998年8月
当時ロックスターSTING のツアーに同行していたミュージシャン、ケニー・カークランド(P)、ビニー・カリウタ(Ds) ほかを交え、「VISIBLE SOUND」(ライブペインティング)を敢行。

2000年9月
第一回「ざぶコン」開催。楽屋(らくや)より、徒歩30秒のところにあった(現在は無くなってしまった)、目黒銀座商店街の目銀会館という、広めの2階建ての公民館にて、ざぶとんに座って、お酒、食事を楽しみながらライブを見ようという企画でスタート。第一回は、コーラスグループ「ブリーズ」。以降、フラメンコ、yae(Vo)、saigenji、NUU、YaHoo band、など多数のアーティストを呼んで、企画するも、建物老朽化のため、2004年に取り壊しのため、企画も中止となる。出演者からは、今や伝説のイベントとして語り継がれる。

2003年12月
マロン洋菓子店店舗跡地に楽屋(らくや)移転。グランドピアノを入れ、本格的ライブハウスとして再スタート。以降、現在に至る。

フロアレイアウト

席数 54席(補助椅子、テーブルをいれて、60名)
※カウンター6席を含む / スタンディングで80名収容可楽屋(がくや)には、10名以上収容可能(ステージ左側の地下にあります。)
1階エントランスにて、受付等として使用可能なスペースがあります。

PA-レコーディング

PA業務

各種コンサート、イベント、発表会、パーティー、講演会などの音響を承ります。長年ブルーノートのチーフエンジニアとして活躍してきた楽屋(らくや)オーナー増茂自らが、最高の音を作ります。 PAオペレートのみで、20,000円から。機材持込の場合、50,000円から。(会場の規模、人数、機材の量により変わります。応相談)

過去の音響実績【アイアート・モレイラ&フローラ・プリム、エイモス・ギャラレット(Vo,G)、ドン・ロス(G)、マイク・スターン(G)、ダビペーニャ・ドランテ(P)、コーネル・デュプリ(G)、小林香織(Sax)、永井真理子(Vo)、大西順子(P)、金子マリ(Vo)、カルメン・マキ(Vo)、Yae(Vo)、NUU(Vo)、畠山美由紀(Vo)、藤原道山(尺八)、スパニッシュ コネクション、五十嵐一生(Tp)、大野雄二(P)、坪口昌恭(P)、佐藤允彦(P)、jaja、後藤芳子(Vo)、XUXU(アカペラ)、板橋文夫(P)、ブリーズ(コーラスグループ)、川嶋哲郎(Sax)、功刀丈弘(Violin)、古我地(唄,三線)、ショーロ・クラブ、KANKAWA(Organ)、小沼ようすけ(G)、村上"ポンタ"秀一(Ds)、三四朗(Sax)、Saigenji(G,Vo)、上原まき(Vo, フラダンス)、クラーベ・イ・ガラパゴ(ラテン)、柏木広樹(Cello)、前田優子(Vo)、バ?ビ?マコ, Kiki, NOEL(ベリーダンス)、今枝友加, 伊集院史朗、松 彩果(フラメンコ)、藤島晃一(G,Vo)、中西俊博(Violin)、Hanah(Vo)、濱田金吾(Vo,G)、瓜生宗一(尺八)&瓜生憲作(尺八)、アルケミスト、TOM REYES(ライブペインター)、宇川彩子(タップダンサー) ほか多数】


レコーディング業務

CDのレコーディングからトラックダウン、簡単なマスタリングまで対応しております。楽屋(らくや)の空き時間(土日祝の昼間など)を利用して、収録可能。

過去の実績【「CLOVER」/ 英珠、行川さをり、NUU、SHANTI(楽屋レーベル第一弾、コンピレーションアルバム)、「Treasure」(DQC-25) / 4tune(楽屋レーベル第二弾)女性アカペラグループ4tune の1st アルバム、「Rio meets Koizumi Kiyohito」(楽屋レーベル第三弾) 女性ボサノバシンガー リオの1st アルバム、「VIVA! BRASIL」コンピレーションアルバムVol.1&2、「新しい命から」女性アカペラグループ XUXU のオリジナル曲シングル、「わたしのジャズソング」(バイオリンとギターと私、1st アルバム)、楽譜出版のための弦楽四重奏アルバム、ほか多数。随時デモCDの作成、編集など多数】

その他

アーティストの招聘

催者様のご要望に応じて、各種イベント、パーティー等でのアーティストの手配をいたします。ジャズ、ボサノバ、ラテン、ポップスなど、さまざまなジャンルのアーティストに対応いたします。

楽屋(らくや)では、毎日一流のアーティストのライブを行っており、そのアーティストの中には、CMソング、ドラマの挿入歌、ミュージカル、舞台など幅広い活動をしているかたが多くいます。そのような素晴らしいアーティストを地元商店街のイベントに呼びたい、会社の販促イベントに出演してほしい、クリスマスイベントに呼びたい、ジャズフェスをやりたい、などいろいろなご要望にお応えし、紹介斡旋いたします。

同時にPA、照明もお受けすることができるので、複数業者を入れるより、遙かに割安に、希望を叶えることが可能です。アーティストにより、また編成により料金が変わります。応相談。 CALL ME ! !