Share on Myspace

楽屋について 楽屋の歴史 楽屋オーナー フロアレイアウト 楽屋・楽座 PA・レコーディング アーティストの招聘

楽屋の歴史

1996年7月
7年半に渡るブルーノート東京のサウンドエンジニアから独立。中目黒にて楽屋(らくや)オープン。(現在の場所から約30秒ほど駅寄り。現在クリーニング店の場所。)初日のオープニングアクトは、トム・レイス氏によるライブペインティング「VISIBLE SOUND」。「(アレックス・フォスター(SAX)、ビクター・ジョーンズ(Ds)」、2日目は、ジャズコーラスグループ「BREEZE」。 ※音の苦情で警察がくるも、ライブ強行。当初は、週末のみライブをやっていた。(4年目くらいから、毎日ライブを行うようになる。)

1997年1月
書き初め大会を行う。この企画が受けて、年に3回の習字大会を2000年1月の書き初め大会まで毎年行う。(1月-書き初め大会、4月-川柳大会、10月-四文字熟語大会)

1998年4月
ピアニスト、ジョー・サンプル来店。ほかに、ブルースブラザースのルー・マリーニ(Sax)、コーネル・デュプリ(G)、ジョン・マクラフリン(G)、コートニー・パイン(Sax)、アイアート・モレイラ&フローラ・プリム、ビニー・カリウタ(Ds)、ケニー・カークランド(P)、ランディ・ブレッカー(Tp)、ジェフ・ワッツ(Ds)など、多数のジャズアーティストが来店。

1998年8月
当時ロックスターSTING のツアーに同行していたミュージシャン、ケニー・カークランド(P)、ビニー・カリウタ(Ds) ほかを交え、「VISIBLE SOUND」(ライブペインティング)を敢行。

2000年9月
第一回「ざぶコン」開催。楽屋(らくや)より、徒歩30秒のところにあった(現在は無くなってしまった)、目黒銀座商店街の目銀会館という、広めの2階建ての公民館にて、ざぶとんに座って、お酒、食事を楽しみながらライブを見ようという企画でスタート。第一回は、コーラスグループ「ブリーズ」。以降、フラメンコ、yae(Vo)、saigenji、NUU、YaHoo band、など多数のアーティストを呼んで、企画するも、建物老朽化のため、2004年に取り壊しのため、企画も中止となる。出演者からは、今や伝説のイベントとして語り継がれる。

2003年12月
マロン洋菓子店店舗跡地に楽屋(らくや)移転。グランドピアノを入れ、本格的ライブハウスとして再スタート。以降、現在に至る。